• 【くっしー】「性差」に応じたジャンプパフォーマンスを向上させるトレーニング
  • 【くっしー】「性差」に応じたジャンプパフォーマンスを向上させるトレーニング
  • 【くっしー】「性差」に応じたジャンプパフォーマンスを向上させるトレーニング
  • 【くっしー】「性差」に応じたジャンプパフォーマンスを向上させるトレーニング
  • 【くっしー】「性差」に応じたジャンプパフォーマンスを向上させるトレーニング
  • 【くっしー】「性差」に応じたジャンプパフォーマンスを向上させるトレーニング
【送料無料キャンペーン?】 【くっしー】「性差」に応じたジャンプパフォーマンスを向上させるトレーニング その他
  • 当日発送
  • 送料無料

【送料無料キャンペーン?】 【くっしー】「性差」に応じたジャンプパフォーマンスを向上させるトレーニング その他

お気に入りブランド
販売価格 :

5,665税込

獲得ポイント :
ポイント

商品がカートに追加されました
【送料無料キャンペーン?】 【くっしー】「性差」に応じたジャンプパフォーマンスを向上させるトレーニング その他
販売価格:¥5,665 税込

在庫あり

※ 商品のお届けについてはこちらよりご確認ください。

SHOPPING が販売、発送いたします。

当日発送可 (14:00までのご注文が対象)

  • ご注文内容・出荷状況によっては当日発送できない場合もございます。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

利用可

  • ポストにお届け / 一点のみ購入でご利用可能です。
    ゆうパケットでのお届けの場合はサンプル・ノベルティが対象外となります。
    ゆうパケットには破損・紛失の保証はございません。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

商品の詳細

「性差」に応じたジャンプパフォーマンスを向上させるトレーニング問題なく映像が映ります。即日発送承ります。セット売り可能です。定価11000円■指導解説:熊野 陽人(大阪成蹊大学 専任講師/日本陸上競技連盟強化委員会/女子走幅跳オリンピック強化スタッフ)■実技協力:西村 莉子 選手(やり投選手)/大阪市立墨江丘中学校 陸上競技部 他なぜ、女子選手の多くが、ジャンプ動作の接地において膝が内側に入る、いわゆる「ニーイン」の状態になってしまうのかご存じでしょうか?それは、接地時に膝を支える為の筋力や筋の動員が不十分なことが大きな理由の1つです。ニーイン動作は、膝、特に前十字靭帯に大きな負担を掛け、怪我のリスクを高めるだけでなく、ジャンプパフォーマンスとしても効率の悪い動きとなります。では、どうすればニーインすることなく、効率的・効果的なジャンプ動作がおこなえるのでしょうか?女子選手には身体の構造的・機能的な性差として、ジャンプ動作時に男子よりもハムストリングスがうまく働かないという性質があります。つまり、ニーインしないために必要なのは、身体の前面にある筋肉ではなく後面にある筋肉、ハムストリングスや臀筋で、これらの筋肉を強化することがジャンプ動作改善のカギとなります。本作では、この特徴を踏まえた上で、中学生年代の女子選手に是非、実施して欲しいエクササイズをモデルのシニア選手と実際の中学生選手の動作を交えながらわかりやすく解説していきます。このエクササイズをウォーミングアップなどに取り入れることで、怪我防止につながり、且つジャンプパフォーマンス向上が期待できます!#女子アスリート #怪我防止 #陸上 #バスケ #スポーツ #トレーニング #ジャパンライム
カテゴリー:スポーツ>>>トレーニング・エクササイズ>>>その他
商品の状態:目立った傷や汚れなし
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:佐川急便/日本郵便
発送元の地域:京都府
発送までの日数:1~2日で発送

商品の説明

最新のクチコミ

★★★★

以前から本屋さんで立ち読みして興味がありました。産後なのでネットで注文しました。ストレッチを継続して頑張りたいです。SHIHOちゃんのボディラインキレイすぎ!

  • クッパたま
  • 24歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

確かに短時間で出来ます。そこそこしんどいので、割と効きます。 本に載っているプログラムが全部DVDに載ってたらベストでした。

  • タカ3999
  • 32歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品